計算機の制作目的は。

サウジアラビアの村という資金豊富な会社の利用独占
食堂としての全点買って損しない計算機の制作です。
商品仕入れ額単価
(30点流しの中の1点)の3着4人の中の一番人気オッズを食堂のメニューに例えて考えられると
仕入単価として3連単流しの30種類を食堂メニューの30セット料金表として思い込めると
ギャンブルから離れて、落ち着いた計算機作れますので、ぜひ、レース忘れて
浦という食堂へ 損させない、村という会社から、 30種類を食堂メニューの30セット料金表
見ながら出前のお願いが注文として 浦食堂へ注文として入ります。
 
浦という食堂 は、 30種類を食堂メニューの30セット の中の 一セットを会社員の分まで100人分ですら
浦食堂としては、 100人分以上、  30種類を食堂メニューの30セット の材料仕入しておくことに成ります。
 
材料仕入金 以上の注文受けないと損しますので 村という会社 とその内訳話して
メニュウ価格は常に 100人分以上の契約して 材料仕入金 以上 で出前して
商売成立していますので材料仕入原価計算機必要となってます。
 
計算式の 知りたいどれでも仕入一個単価100円と材料買う市場と契約してあります。
として、考えて計算機制作進めましょう。
 
市場は卸価格 一個単価100円ですから 
100人分料理作るのに一人分仕入商品何個必要かの計算機が必要となるのです。
 
オッズ × 仕入単価=料理販売価格です。
 
難しい内容でしたら全点買い理解へのヒントとしてでも考えてみてください。KTK-ei kimuraeimei